初めまして。
ARARSのペーパーアイテムを作っている
デザイナーの山内美穂と申します。

ARARSは2005年、私自身の結婚式を終えた後に誕生しました。
結婚式にこだわる花嫁さん達から選んでいただき続け、もう14年となります。

子どもの頃、父が海外出張のお土産で買ってきてくれる可愛いカードを集めていました。
オートクチュールの洋服を作っていた祖母と、人形作家の母の影響でいつも「手作り」が身近にありました。

初めてレースを紙に貼り付けてカードを作ったのも子どもの頃です。




私が結婚式をした2004年頃は結婚式の招待状というと「寿」と一文字書かれているだけというようなシンプルで無機質なものが一般的でした。

結婚式という華やかなご案内なのだから、海外のグリーティングカードのようにかわいくて華やかで存在感あるものでも良いのに。
と思い、自分の結婚式ペーパーアイテムを作ったのがARARSの始まりです。

結婚準備をしていた当時、夫は仕事で中東に駐在しており、私は日本でファッションデザイナーの仕事をしていました。
離れて暮らしていたので、世界を繋ぐ空と海の色「ブルー」をテーマカラーとし、季節のクリスマスを取り入れて1点1点招待状・席次表・席札を作りました。

受け取ったゲスト達からの反応から、
◆結婚式は招待状から始まること
◆招待されるゲストはたった1通の招待状からふたりの姿を思い浮かべたり、当日までの期待感が膨らむということ
◆当日ゲストの手元に残るペーパーアイテムは話題の中心となること
をあらためて実感。

ぺーパーアイテムは小さいけれど、ふたりの結婚式の印象を大きく左右するものであることを確信しました。





ARARSのペーパーアイテムは
♪ひとめぼれするものであること
♪ふたりのWeddingのテーマが伝わるものであること
♪テーブルコーディネートの主役になること
をコンセプトに作られています。

私自身が全てのデザイン、商品撮影、Web製作を手掛け、
スタッフ達がお客様対応、オーダー品の製作を行っています。
ほぼ全ての商品撮影を私の自宅またはアトリエにて、趣味のインテリアで集めた小物をスタイリングして行っています。

スタッフ全員、自分自身も結婚式を経験した女性です。
長く続けてくれているベテランなので安心してお任せいただけます。

ご不明な点がありましたらどんなことでもお問い合わせください。
結婚準備中の花嫁様からのご要望により生まれた新作も多数ありますので、こんなものが欲しいけれど見つからない!というご相談も大歓迎です。

これから始まるふたりの長い人生のスタートラインとなる
「結婚式」
心よりおめでとうございます。
結婚式当日はあっという間に終わってしまうもの。
準備期間もふたりで力を合わせて素敵な想い出となりますように。
その大切な期間にARARSもお力添えすることが出来たら
とてもとても嬉しいです。

ARARSデザイナー
株式会社プチトリアノン 代表取締役
山内 美穂



◆最新の取材記事はこちら↓





◆山内美穂のインスタグラムはこちら↓