◆約2〜3ヶ月前
〜招待状発送〜


国内での結婚式と同様、挙式の2・3ヶ月前を目安に招待状を発送します。

ただし、海外への移動には国内よりも時間がかかること、挙式前後の日もあけてもらう必要があることを忘れてはいけません。

海外挙式が決まったら、出来るだけ早く招待したいゲストへ直接予定を確認し、来てもらえるか確認しましょう。
来てもらえることが確定してから招待状を送ります。






1.ゲストの費用負担の方法を決める

招待状を送る前に、旅費の負担方法を明確にしておきましょう。


◆ゲストに旅費を負担してもらう場合
どのくらいかかるのか具体的な金額を伝えられると親切です。
また、ご祝儀は辞退するのがマナーです。




◆新郎新婦が交通費・宿泊費を全額負担して招待する場合
ご祝儀を頂くことが前提となります。







2.リゾートウエディング招待状掲載内容


【旅費とご祝儀について】

事前に取り決めをした上で、招待状文面内にも旅費とご祝儀についての一文を入れましょう。

◆例文◆
旅費 宿泊費を各自でご負担いただいているので
ご祝儀などのお心遣いはなさいませんようお願い申し上げます




【集合場所と時間について】

連絡が取れない事などに備え、具体的にホテル内の集合場所を案内しておきましょう。

◆例文◆
16時30分迄に〇〇ホテル内エントランスに
お越しくださいますようお願い申し上げます




【服装について】

ゲストが迷うことがないよう、ドレスコードの案内を入れることをお勧めします。

◆沖縄挙式例文◆
リゾート挙式ですので
男性はかりゆしウェアや袖付きシャツに長ズボン シューズは革靴やカジュアルローファー等
女性はワンピース・ムームー・かりゆしウェア・スラックス
シューズはパンプスやバックストラップ付サンダル等 の風通しの良い服装でお越しください
※ジーンズ・半ズボン・ビーチサンダルはご遠慮ください
※現地にてかりゆしウェアの有料レンタルもございます

 









ふたりの結婚式を幕開けする招待状。
自分達のために時間をかけてお祝いに駆けつけてくれる人達への感謝の気持ちを忘れずに準備を勧めましょう。








◆旅のしおりを作ろう

トラブルを回避するため、スケジュールをきちんと把握してもらうために、ゲストにわかりやすい「旅のしおり」を用意するのがお勧めです。

自分達のパーティーに割いてもらう時間を明確にしておくと、ゲストも観光やショッピングの予定を立てやすくなります。



1.旅のしおり掲載内容例

一般的なガイドブックに載っている内容は省いてOK。
自分達のために遠くまで来てくれるゲストへ感謝の気持ちが伝わる内容にしましょう。



【予定表】

現地到着から当日の流れ


【会場住所と行き方】
便利な交通機関や送迎バスの案内も忘れずに


【ふたりのプロフィールと家族紹介】
初めて長い時間を一緒に過ごす事になる両家。
自分達では紹介しにくいプロフィールも
新郎新婦が代わって紹介する事で会話が弾むきっかけに♪



【ふたりのお勧めレストランやショッピングスポット】
海外旅行に慣れていない家族のために情報を集めておくことも大切。
実際に訪れたことがあり、詳しい場所があればより細かく紹介しておきましょう。



【現地にくわしいのであればお勧めのお土産情報など】
家族の結婚式で訪れた場所のお土産は、日本に戻ってから周りの人達に渡したいはず。
お土産探しに忙しくて観光の時間が取れなかったということが無いよう、事前にまとめておくと親切。









「やせる道場?」結婚式前に行って良かった!エステ体験500円!